ムシバイの正しい食べ方ってあるの?

ムシバイの食べ方

子育て世代のお母様から絶大な人気を誇るムシバイ。

 

虫歯予防に欠かせない神業グッズとも言われています。

 

なんでも歯磨き嫌いのお子様がこのムシバイを使い始めて進んで歯磨きをするようになったことも有名です。

 

ではこのムシバイ、効果が上がる食べ方はあるのでしょうか?

 

え、ムシバイは食べ方ってあるのかな?

 

歯磨きした後にポリポリ子供がおいしそうに食べていますが、これは違う食べ方なの?

 

ではムシバイに正しい食べ方はあるのか、詳しくここを調査してみましょう。

 

ムシバイの食べ方ってあるの?

まず、よく質問されることですが、奥歯の生えていないお子様に食べさせてもいいかということです。

 

これは難しいそうです。

 

喉にムシバイが詰まる恐れがありますので、離乳食が終わるころがムシバイを食べさせてもいい目安となっているとのことでした。

 

ですから、それでもムシバイが大きいと感じる場合は砕いてから食べさせるようにしてください。

 

つまり、小さなお子様が食べやすいように砕くというのも一つの食べ方でしょう。

 

またムシバイは虫歯予防のためにも継続することが重要です。

 

最低3か月は継続するのが望ましいと公式ページではありました。

 

継続して食べさせることも虫歯予防では大事な食べ方なのですね。

 

またムシバイは美味しいのでポリポリと沢山お子様が食べてしまう場合もあるそうです。

 

ムシバイは毒でも薬でもありませんが、一度に食べてしまうとお腹を壊すかもしれません。

 

きちんとお母様がムシバイを管理しておいてください。

 

つまりきちんと決められた個数を食べる、これも虫歯予防の食べ方の一つですね。

 

そしてなめるように食べる、というのも良い食べ方だそうです。

 

ですが、小さい子供になめなさい、といっても難しい場合がありますね。

 

ここは大きくなってからの食べ方かもしれませんね。

そもそもどうしてムシバイは虫歯予防にいいの?

ムシバイはクリスパスタ菌KT-11といって、特殊な乳酸菌を使用しています。

 

これは熱にも強く、口内環境を整え、守る力が半端ない菌だそうです。

 

このクリスパスタ菌KT-11は熱にも強く、180度の温度で加熱してもその効果は変化することはありません。

 

どんな環境にも適応し、その力を発揮する強い乳酸菌を使用しています。

 

またこのクリスパスタ菌KT-11は乳酸菌ですが、培養する際には国内産の有機大豆を使用していますので、乳アレルギーのお子様にも安心して使用出来ます。

 

また殺菌剤ではありませんので、良い菌も悪い菌も無差別にやっつけるわけではありません。

 

甘いお味はキシリトールを使用しています。

 

キシリトールは砂糖と同じ甘味がありながら、カロリーは砂糖と比べて低いのも特徴ですし、唾液の分泌も促進されますので、歯の石灰化作用も大いに期待出来るそうです。

ムシバイの購入は公式サイトから

ムシバイの購入は公式サイトで購入可能です。

 

ムシバイは今のところ市販されていません。

 

定期コースで購入するのが、一番お得なムシバイの購入方法です。

 

気になる方はお早めにムシバイの公式サイトをご覧くださいね。